フォト

ショコラ

  • M.ダックス・ロング・ゴールド:♂

ぎん

  • 柴犬・赤:♂

ともしび


  • キャンドル ブログパーツ

ぎんの名前の由来

しょちゃのお気に入り

楽天へ♪

ペットのおうち

  • ぺっとのおうち
    ペットのおうち
無料ブログはココログ

« お誕生日+1日 | トップページ | 糖尿病とオムツ替え »

2016年11月11日 (金)

ヘルニアと糖尿病

とってもお久しぶりになってしまいました。
ショコラのお誕生日+1日から今日までの間に、
ギンのお誕生日も、ショコラのヘルニアになった日も通過してきました。

ショコラのお誕生日はクーラーだったのに、今はもうコタツの季節です。

S__2048007


急に思い立ったのは、このブログを始めたきっかけを思い出したから。
ショコラがヘルニアになり、糖尿病になり、糖尿病性白内障になり・・・
ショコラ応援と、病気のことを書いておきたくて始めたのだということを。

あるペットの里親募集のサイトで、
ヘルニアになったダックスを介護することが困難だからと里親募集している記事がありました。
また、あるボランティアさんが里親募集しているワンコは、糖尿病があるためにお問い合わせが全くないのだと聞きました。

ヘルニアと糖尿病・・・。

確かに、新しく迎えるのなら躊躇してしまうかもしれないけれど・・・。
前述のヘルニアになってしまったダックスちゃん、家族の一員なのに、手放すなんて・・・。
それぞれのご家庭ごとに事情があるのだとは思いますので、非難することはできませんが、もし、ヘルニアと上手く付き合って行けるだろうと考えることができたなら、飼い続けようと思えたのではないかと思うととても残念です。

多くのお宅で、ヘルニアになった子と一緒に暮らしているんだから。それも前向きに。

S__2048016

たとえば、我が家のショコラですが、なんだかんだで元気に暮らしてます。

ここから先は排泄モンダイについてなので、ヘルニアに関心のない方はスルーして下さい。

ヘルニアで後ろ半身がマヒしているため、排泄モンダイに苦労・・・?
・・・いえ、それももうほぼ問題なしです。

紙オムツをしているので、チッコはクリア。
そして、ショコラの場合、朝ご飯の後と午後(13時以降)に1回、1日に計2回ウンP有りです。

そのサイクルがわかってしまえば、むしろヘルニアの前よりもラクなくらいです。
ショコラは、オムツ換えのときに必ずチッコを絞り出します。
病院で習ったのですが、お腹の後ろの方に膀胱があるので、
そこを左右から押してチッコを促します。
そうやってなるべく多くのチッコをさせてしまうのがポイントで、
それによっておむつ替えの間隔を開けることができます。
また、その際にお尻も刺激して、ウンPもさせてしまいます。朝と午後。
夜中におむつ替えする時にも、ついでにお尻を刺激してさせてしまうこともあります。

この方法とショコラのお腹のサイクルをつかめていないときは、
ドライブ中に出てしまったり、抱っこでお散歩している時にポロポロしちゃったり・・・。

一番困るのが、糖尿病のショコラは食欲が異様に亢進しているために、
人が見ていないときに出てしまうと食糞の恐れがあること。
糖尿病で食餌制限しているのに、余計なものを食べると血糖値が上がってしまいます。
それに、ショコラはお尻が気になるのかひどくお尻のあたりをペロペロしてしまい、
そのあたりのお肌がとても荒れてしまいました。
お肌が荒れると、糖尿病だから傷が治りにくいです。

もう、とにかく排泄モンダイは本当に大問題でした。

が、人為的に促してさせてしまうことにより、そのような問題も起きなくなりました。

S__2048017

今、毎日がとても穏やかです。

毎朝のインスリン注射(人間用をほんの4単位打つだけです)にはじまり、
おむつ替え、朝ゴハン(療養食)、運動(毎日同じくらい)、おむつ替え、夜ゴハン。
途中に数回のおむつ替えが入りますが、ほぼその日課通りの暮らしです。

糖尿病は、インスリン注射と食餌に気を付ければ、実はそれほど恐ろしい病気ではなく、
意外と元気にその犬生を全うするワンコも多いのだと、動物の医学の本にも書かれていました。

糖尿病のお金の話もしておきますと・・・
インスリン注射は人間用の300単位入っているもの約5000円。
それを、ショコラの場合は毎朝4単位ずつ使用します。
ショコラは1日1回です。状態を見て、1日2回に分けることもあるようです。
糖尿病用のカリカリフードは普通食の高品質のフードと同じくらいの金額。
最初に入院してインスリンの単位を見極めるまでには入院費がかかりましたが、
退院後の飼育費は恐れるほどにはかかっていません。

S__2048015

ちなみに、オムツはワンコ専用のものではなく、人間の赤ちゃん用のSサイズを使用。
とっても安いのに、とっても高品質!
ワンコ用だと20枚で1000円、赤ちゃん用は80枚で1300円。
ワンコ用だとオムツしてるとお腹が赤くただれてしまったけど、
赤ちゃん用は逆戻りしないのでさらっとしていてオムツかぶれゼロ♪

ヘルニアだと後ろ脚を引きずって歩くので、オムツがすぐに脱げてしまいます。
そこで、洋服みたいに着るタイプのマナーベルトを見つけて着せています。
サイドバーでも紹介していますが、フルオブビガーというお店のものです。
サロペットタイプだと脱げちゃいますので、バッククロスタイプを愛用してます。

S__2048012

ショコラは、手術していないので歩けないままですが、
発症して最初の3日間ぐらいは激痛があったようです。
とにかく痛くて人を寄せ付けず、動かせる前脚だけで後ずさりしたり物陰に隠れたり。
排泄物で体が汚れていても触らせてくれないので大変でした。
痛みがあるとキャイン!と悲鳴をあげました。とてもとても辛い時期でした。

その痛みが無くなり、マヒした状態なのは、ショコラにとっては不幸なのかもしれませんが、
とにかく痛みが無いのは良いことなのではないかと思うことにしています。

S__2048014

歩けないけれど、糖尿病で痩せて目も見えないけれど、
すごくすごくたくましく毎日を送っています。

前脚だけで自由自在に歩き回ります。
見えないはずの瞳で、一生懸命に見つめてくれます。

病気など関係なく、ショコラはとても可愛いのです。
(黒目が真っ白でも・・・とてもきれいな瞳に思えます)
ショコラはなんの疑いもなく、大好きビーム全開で甘えてくれます。

どこのご家庭でも同じだと思いますが、ショコラは唯一無二の存在。
ショコラがショコラだからとても愛しいのです。

« お誕生日+1日 | トップページ | 糖尿病とオムツ替え »

椎間板ヘルニア」カテゴリの記事

糖尿病」カテゴリの記事

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ショコラの愛用品

その他のワンコ用品

犬の本