フォト

ショコラ

  • M.ダックス・ロング・ゴールド:♂

ぎん

  • 柴犬・赤:♂

ともしび


  • キャンドル ブログパーツ

ぎんの名前の由来

しょちゃのお気に入り

楽天へ♪

ペットのおうち

  • ぺっとのおうち
    ペットのおうち
無料ブログはココログ

« 犬を飼うということ | トップページ | あれから1年 »

2013年9月12日 (木)

ごあいさつ

「ドリトル先生」の原作者は、
動物に対する愛情に溢れたすばらしい人だと言われる一方で、
時代背景もあるのでしょうが、人種差別に対する意識は低いのが残念だとの声もあります。

動物を愛する人は、とても心の優しい人だと思います。
動物の保護のために活動に参加されるかたもとても素晴らしいと思います。

でも、人として人に対する配慮のない場合、その人を尊敬することは私にはできません。

明らかに悪意に満ちた批判を無記名でコメントしてくる人。
どんなに動物に対する愛情が深くても、その人を人として尊敬できません。

多くの人が簡単に交流できるネットの世界で
なぜその素晴らしい特性をもっと友好的に使えないのでしょう?

「コメントはとにかく善意に善意に受け止めて読むこと」という
厳しくも優しいアドバイスを下さった方もいらっしゃいます。

一方で、「犬がかわいそう」という理由からだそうですが、
明らかに悪意を持ってコメントを送り続ける人もいます。

その中の一人は、ご自身のブログのURLをコメント欄に記載してきましたね。
拝見しました。素晴らしく犬を愛している人でした。
ですが、前述の理由から、私はその人の人間性を尊敬することはできません。

私にも、ひどい言葉で言い返してやりたいという怒りの感情があります。
けれど、そんな低レベルの人と同じところにまで自分を下げてしまうのは嫌です。
自分を、そんなことを言う存在にしたくありません。

悪意に満ちたコメントの送り主は、スパム扱いとしています。
コメント欄に載らないので、何度も同じコメントを入れているようです。
攻撃的な。

あまりにもひどい場合は通報するようにと、善意の方々から助言されています。
まだ・・・そこまでは考えていませんが、
いつまでも続くようでしたら、考えさせていただきます。


実は、今、この一連の攻撃的なコメントによる心の疲れと、
個人的な事情による心と体調の不良で、しばらくブログを休むつもりでいます。

ココログ広場にも顔を出せません。
いつも、ポチやいいね!をくださっている皆様には、申し訳ありません。

もしかすると・・・このまま退会してしまうかもしれません。
急に・・・ということも考えられますので、あらかじめお知らせいたします。

いえ、すぐに元気に戻ってくるかもしれません。
ただ、今はあまりにも心が疲れていて、どうなるのか全く分からないのです。


訪れて下さったすべての皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしますclover

pencil執拗な嫌がらせコメントに対する対策として、
  この記事に対するコメント欄は予め閉じさせていただきます。
  ご了承ください。

pencil都合により、記事の一部を削除しました。(9月16日)

« 犬を飼うということ | トップページ | あれから1年 »

信念」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ショコラの愛用品

その他のワンコ用品

犬の本